『痛みが出ている』=『問題がある』ではない。という注意

真ごころ整骨院 南です

季節の変わり目で症状が出てきている方が増えています。

今回改めて『痛み』についての基礎を書いていきます。

o0688074215353703576.jpg

痛みが今ある方には「痛いのは辛いから問題あるでしょ!」と言われてしまいそうですが

たしかに、痛いのは辛いですし、痛みを早く治して

痛くない日常を過ごしたいですよね

ですが、例えば『足が痛い』という方がいた場合

この問題は『足が痛い』ことではなく

『足に何が起こっているのか?』を知ることが必要になります

もし『足の痛み』が『骨折によるもの』であれば

むやみに痛みを消してはいけません

なぜなら『痛みを出すこと』によって、無理に歩かないようにして早く治す!ということを体がおこなっているからです。

骨が折れているのに痛みがでないでそのまま歩き続けていたら、骨が変にくっついて足が悪いままになってしまいます。

そうならないために『痛み』を出して、体に負担をかけないように体の機能が働いている証拠なんですね。

『体に痛みが出ている』のには必ず『理由』があります。

その『痛みが出ている理由』を無視して痛み止めを飲み続けたら、いつまでたってもその『痛み』はおさまらないのです。

きちんと『痛みのでている理由』を見つけて、原因を改善して初めて『痛み』はなくなります。

原因を探さずに『痛み』だけと向き合うと、いつまでも辛いままになってしまいます。

『痛み』は体のサインです、このサインを無視しないであげてくださいね。

『痛みの原因』を知りたい方は真ごころ整骨院にご相談ください。

ご連絡お待ちしております。

真ごころ整骨院 三鷹東八 三鷹ドンキホーテ近く、東八道路沿いの整骨院です – 一ヶ月以上続く肩こりの痛み/カラダのだるさが抜けない/膝のオスグットなどのお悩みご相談くださいmagokoro-mitaka.com

友だち追加

ご予約